長府製作所は石油・ガス給湯機器をはじめ、住宅関連機器を扱う総合メーカーです。

  • サイトマップ
  • English
  • ショールーム
  • 製品カタログ
  • Q&A
  • 特約店様向け

太陽熱温水機器

太陽熱をより簡単に、より効率良く集熱!

CO2の発生がないクリーンな太陽エネルギーで、地球温暖化を防止します。

エコワイターの特長

快晴日の集熱状況 - 年間燃料費を大幅節約

 

エコワイターが、年間必要熱量のほぼ1/2を集熱。ホットな暮らしと家計をラクラク応援します。
春から秋にかけては、エコワイターだけで充分。他の給湯器による追いだきを必要としないほどです。

 

CO2排出量がゼロ

杉の木に換算して37本分のCO2削減効果があります。

杉の木に換算して37本分※2のCO2削減効果があります。


※ SW1-231の場合

※1 灯油換算
※2 杉の木1本あたりのCO2吸収量は、1年で平均して約14kgとしています。
  (「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁より試算)

太陽熱温水器(自然循環型)のしくみ

 

集熱部の上部に貯湯部が接続され、水栓より高い位置の屋根上に設置します。貯湯タンクに給水された水は下部の集熱部へ流れ込み、太陽熱で温められ比重が軽くなり、貯湯タンクへ戻りお湯が蓄えられます。この循環は動力を使わずに行われるため、自然循環形太陽熱温水器と呼ばれています。

フロート方式貯湯タンク - いつも一番熱いお湯が取り出せる!

 

SW1型の採湯方式は、タンク内の湯面に合わせて採湯口が上下する"フロート方式"になっており、いつでも一番熱いお湯を取り出すことができます。


<押し出し給湯>
貯湯タンク内を常に満水にして使用する方式

<ため出し給湯>
貯湯タンク内のお湯を使いきってしまう方式

ワンプッシュ接続方式で耐久性が向上

自然循環タイプ:SW1-231、311、231L、211L、311L、212D

エコワイターワンポイントアドバイス

 

エコワイターの設置で大切なのは、取付け角度と方位です。年間を通して集熱量が最高になるのは、真南で取り付け角度が約30度で日当たりが良い場所です。角度が少ないときや、方位が真南でない場合には沸き上がりが悪くなります。

給湯栓と太陽熱温水器との落差は、最低でも2〜3m必要です。これ以下だとお湯の出が悪くなります。シャワーと太陽熱温水器との落差は、最低でも3〜4m必要です。これ以下だとシャワーの勢いが悪くなります。(水道直結タイプ「SW1-212D」を除く)

台風のシーズンには、常にタンクの中を水で一杯にし、地震のあとは、ステンレス線のゆるみ、はずれを点検してください。また、年に一度は忘れずに点検しましょう。

ページTOPへ



石油・ガス給湯器と接続すると、さらに快適!太陽熱温水器からの直接給湯はもちろん、給湯器と接続することも可能です。
ソーラー水道直圧式石油給湯器 ソーラー接続専用 石油給湯器

お問い合わせ

お問い合わせの前に「Q&A」をご確認ください。製品に関するご質問と回答を掲載しております。

お電話からのお問い合わせはこちら

一般のお客様からのお問い合わせは、下記フリーダイヤルへお気軽にお電話ください。

フリーダイヤル 0120-925-339 おかけ間違いのないようにご注意ください。

Webからのお問い合わせはこちら

製品に関するお問い合わせをはじめ、その他お問い合わせもこちらの専用フォームからご利用いただけます。

お問い合わせ専用フォームはこちら

ページTOPへ